Drop + OLKB Preonic Keyboard MX Kit V3 + Holy Panda Swithes

格子状になっているOLKB Preonic、Holy Panda Switch、専用ケースを購入しました。

Drop + OLKB Preonic Keyboard MX Kit V3

今回は伝説の打鍵感を誇る「Holy Panda Switch」もセットにしました。

素晴らしい打鍵感と意外と慣れるレイアウト

格子状にレイアウトされているため、最初は体で覚えていく必要はありますが、すぐに慣れます。

個人的な難易度で言うと、以下のような感じです。

40%キーボード >>> 格子状キーボード > HHKB > 一般的な市販キーボード

40%キーボードほどの感動はなかったですが、格子状キーボードもおもしろいです。

あと、Holy Panda Switchにしたので、打鍵感の気持ちよさは半端ないです。

はんだ付け不要

すべて手で組み立てていけるため、はんだ付けは不要ですが、以下が原因で時間がかかりました。

  • 組み立て方がわからず調べる必要がある
  • スイッチの爪が(通電部分)折れないよう慎重にはめる必要がある
  • スタビライザーの不具合でスペースキーが戻らなくなった
  • ゆっくりじっくり堪能しながら組み立てたかった(急いで組み立てるのはもったいないため)

私は3時間ほどかけて組み立てました。ただし、やり方がわかれば30分ぐらいで組み立てできると思います。

スタビライザーの不具合は予想外でしたが、2U(キーキャップ2個分)部分だったので、スタビライザーは外しました。意外と大丈夫です。または、普通に1Uずつキーをつけても大丈夫です。
特に不自由なかったので、Dropには初期不良の連絡はしませんでした。

スペースキー周りは自由にレイアウトできる

スペースキー周りは、以下の組み合わせがあります。

全部1Uで取り付け

[] = 1U 【】 = 2U
[Lower][Space][Space][Raise]

真ん中を2Uで取り付け

おそらくこれが標準レイアウト。
[] = 1U 【】 = 2U

[Lower]【Space】[Raise]

2Ux2Uで取り付け

Lower/Raiseを標準レイアウトで使わないレイアウト。キーマップ変更必須。
Lower/Raiseキーで記号などが打てるようになるため、QMK ConfiguratorでLower/Raiseのどちらかをどこかのキーに割り当てる必要があります。
[] = 1U 【】 = 2U

【Space】【Space】

Holy Panda Switchの打鍵感が素晴らしい

伝説のスイッチと呼ばれているようですが、静電容量無接点方式みたいなコトコト鳴るような打鍵感の気持ちよさがあります。
HHKB Pro2とVORTEX COREの両方にちょっとずつ似てるような感じでした。

Holy Panda Switchは、分解してグリスを塗ることも多いようですが、私はあえて塗りませんでした。

組み立てメモ

いくつか動画も出ていますが、ポイントになる部分だけ写真を載せておきます。

組立前

スペースキーのスタビライザー取り付け

ケースの裏からねじ取り付け

ケースの表から金ナットを取り付け

銀のプレートを取り付け

取り付けおわるとこんなイメージ

あとは、スイッチをポチポチ取り付けるだけです。爪(通電部分)は基本的に下向きになります。スペースキー部分は右向きです。

キーマップ変更はQMK

QMK Firmwareでキーマップ(キー配列)を自由に変更できます。
やり方は Configuring your Planck or Preonic のとおりでできます。

大まかな手順

  1. QMK Congigurator で好きなレイアウトに変更する
  2. 右上の「COMPILE」を押す(じゃがいもがくるくる回って、wait ovenと表示され、数分待つ)
  3. 完了したら「FIRMWARE」を押してbinファイルをDL
  4. QMK Toolbox をインストールして起動
  5. OLKBの背面にあるResetボタンをペンで押す
  6. QMK Toolboxで、binファイルを読み込んで、「Flash」を押すと書き込み完了

画像に「COMPILE」ボタンを載せ忘れましたが、必ず COMPILE→FIRMWARE と順に押す必要があります。

1万円を超えるため課税される

知らなかったのですが、1万円を超える国際郵便物は課税されるようです。
荷物を受け取るときに、郵便配達員に約1,200円ほどを払いました。