追加購入(Drop + OLKB Preonic Keyboard MX Kit V3 + Holy Panda Swithes X)

Drop + OLKB Preonic Keyboard MX Kit V3 + Holy Panda Swithes にて、購入報告しましたが、気に入ったため、もう1台ほぼ同じセットで追加購入しました。

1台は自宅用、もう1台はオフィス用です。

打鍵感がとにかく気持ちよいのと、キーが真ん中にギュッとコンパクトに収まっているため、ホームポジションをまったく崩さずに利用でき、指が疲れなくなりました。
指をあまり移動させたくないひとにはおすすめです。

私はプログラミングをやるため、記号や数字を頻繁に入力するのですが、数あるキーボードの中でも、OLKB Preonicが一番使いやすかったです。

ただし、1〜2日はタイピングサイトで入力練習が必要になるため、そこだけ要注意。

OLKB は Switch を自分で探すのが基本

Holy Panda Switch をカスタマイズ選択しようと思ったら、売り切れになっていました。
よくみると、OLKB単体販売が基本で、スイッチは自分で探すのが通常のようです。

はんだ付けしなくてよいので、気軽に組合せできます。

Holy Panda Switch は2種類

今回も Holy Panda Switch がほしかったので探すと、以下2種類ありました。

 Invyr(オリジナル版): Drop + Invyr Holy Panda Mechanical Switches
 X(改良版): Drop Holy Panda X Mechanical Switches

両方とも購入したのですが、両方とも改良されているのか、一般的に言われていることと若干異なっているように感じました。以下は個人的な感想です。
 Invyr:Xよりも音がしっとりしていて、HHKB Pro2に少し近い打鍵感。67gなのでやや重め。手に吸い付く感覚。
 X:60gなのでInvyrより軽いためか、Invyrよりも若干音が軽い。

ただし、随時改良が加えられているようなので、実際に試してみる必要がありそうです。

OLKB Preonic は59キーあるため、Holy Panda Switch X を2パック(合計70キー)買いました。

OLKB にあうSwitchのピン数は?

あと、購入時に、「3 Pin」「5 Pin」が選択できるのですが、「5 Pin」の場合は不要なピンを折らないといけないようなので、自分は「3 Pin」にしました。
(3 Pinで無事に取り付けできました)

関税は2,100円

前回よりも購入金額が高かったためか、関税も高かった。